コンサルタントは看護師転職の強い味方です!

パート看護師の転職サイトの利用について



看護師の方は転職をする方も多いですが、その際に役に立つのが転職サイトです。転職サイトでは病院の求人をチェックする事ができる他にも様々な事ができ、最近では口コミでその病院の評判をチェックする事ができるサイトもあります。

求人はインターネットからチェックする方法もありますが、もうひとつ方法があり、転職サイトに登録すると担当として付いてくれる転職アドバイザーという方から紹介を受けるという方法があります。

転職アドバイザーはあなたの今の状況や転職の際の、どのような仕事が良いのかという事を面談によりヒアリングし、その内容に合わせて求人を紹介してくれるという方です。

自分でチェックするよりもすぐに求人を紹介してくれて、できるだけあなたの希望に沿うような形の求人を紹介してくれます。プロの視点から求人を選んでくれるため、もちろん最終的に決めるのはあなたですが、一つの指標としてはとても良い求人の選び方と言えます。

また、転職アドバイザーを利用する事のメリットはそれだけではなく、求人の紹介だけでなく各種サポートも行ってくれます。

サポートとひと言で言っても幅広く、履歴書や職務経歴書の作成についてのアドバイスや添削、面接対策、転職についての不安や悩みの相談なども受け付けてくれます。転職に関する事をほぼ全般的にサポートしてくれるため、転職が始めてという方にも非常に利用しやすいサービスになっています。

転職サイトの利用は無料で行えるため、費用も掛けずに利用する事ができます。充実したサービスをなぜ無料で利用できるのかというと、転職サイトの運営企業は、求人を掲載している企業から報酬を貰っているためです。

求人を出している企業は、良い人材を紹介して貰う代わりの報酬として、転職サイトにお金を支払っているため、転職を検討している方は無料で利用する事ができます。最近は看護師の専門の転職サイトなども登場してきているので、ぜひ利用してみましょう。

看護師バイト~派遣看護師で単発の仕事はもらえる?~

近年、新しい看護師の働き方として「派遣看護師」があります。その名の通り、派遣という形で看護師をするものです。こういった働き方は、雇用ニーズの変化やライフスタイルの多様化なので需要が伸びてきました。

また会議や委員会への参加や残業もほとんどなく、それでいて常勤の看護師と同じくらいの収入も狙えると言われています。

派遣看護師でも、ひとつの仕事として働いている場合、派遣での経験を積み重ねて仕事をしている場合は、次の仕事にもつながりやすいでしょう。 しかし“単発”という形で仕事はもらえるのでしょうか。

たとえば、転職活動期間中のアルバイトとして、結婚前後のプライベートがバタバタしている時のお小遣い稼ぎとしてといった場合です。現時点ではずっと派遣看護師として働くかはわからないけれど、とりあえず今だけ働きたいという人もいるでしょう。

こういった場合でも、派遣看護師として単発の仕事をもらえることはあります。 時期にもよりますが、タイミングとしていいのは春~初夏にかけての健康診断の時期です。

健康診断の時にはたくさんの看護師が必要なものですが、一年を通してバランスよく仕事があるものでもないので、必要なスタッフをすべて常勤で賄うことは難しいと言えます。 ここで活躍するのが“派遣看護師”なのです。

派遣看護師が健康診断で働く場合、仕事内容によって給料が変わってくることが多いです。 健康診断と言ってもその仕事内容は様々あります。

身長体重の測定といったところから、視力検査、聴力検査、尿検査、心電図検査など、担当するところによって負担も違うのです。中でも一番給料がいいと言えるのが「採血」でしょう。

同じ時間で効率的に稼ぎたいという人には、「採血」のポジションを狙うのがおすすめです。 ただし給料に比例して仕事は大変ですし、1日何十人もの採血をするので、そういった覚悟は必要でしょう。 多少給料が低くてもいいから、ゆったりと稼ぎたいという人にはその他のポジションがいいかもしれません。

派遣看護師の単発の仕事を選ぶポイント

近年、「派遣看護師」という働き方をする看護師が増えています。 派遣看護師が活躍できる場は多々ありますが、中でも“単発”で多いのが健康診断の仕事です。 健康診断は企業や自治体、団体単位で行うことが多いですが、基本的には1年に1回ということが多いので、常勤の看護師は雇えません。

そこで活躍するのが「派遣看護師」です。 特に健康診断が行われることの多い春から初夏にかけてはたくさんの仕事があるでしょう。

ただ派遣看護師として健康診断を仕事を見つける時には気をつけなければならないことがあります。 それは“仕事の内容をしっかりと確認する”ということです。 そんなの当たり前じゃないか!と思う方がいるかもれいません。

しかし「健康診断の仕事」ということばかりに目がいって仕事を探していると、思わぬ落とし穴にはまることがあるのです。

健康診断の仕事を探すときにまず確認しなければならないことがあります。 それは一言に健康診断といっても「健診」と「検診」があるということです。 ふたつの違いを簡単に言うと、「健診」は健康診断、「検診」は特定の疾患の検査になります。 健診よりも検診のほうが、より狭く、深くといったイメージです。

ただし求人側でこれらの違いを明確にしていない、もしくは区別することが難しいケースがあります。 よって求人のタイトルや簡単な概要だけを見て仕事を決めてしまうと、あとで「こんなことではなかった!」ということも起こってしまうのです。

もちろんどういったケースでも構わないとい心構えであれば問題なのですが、それでも心を含め準備などがありますよね。いざ現場にいってとまどうことがないよう、求人情報は細かくチェックしていただきたいです。

もしその時点で疑問に思うことや、求人情報だけではわからないことがあったら聞いてみましょう。 派遣会社に問い合わせたり、相談に乗ってもらうこともできるので、不安な点は仕事を受ける前に解決してくださいね。

↑ PAGE TOP